パブリックコメント提出稿


意見募集要領を読み始めたのはけふの仕事を終えてから。
締切26分前に送信。おそまつ。

提出内容
受付番号 ****************** 
提出日時 2012年03月02日23時34分


案件番号 155120601
案件名 安全で快適な自転車利用環境の創出に向けた提言(仮称)(案)に関する意見募集について
所管府省・部局名等 「安全で快適な自転車利用環境の創出に向けた検討委員会」事務局  国土交通省道路局環境安全課  警察庁交通局交通規制課
意見・情報受付開始日 2012年02月27日
意見・情報受付締切日 2012年03月02日


郵便番号 (略)
住所 (略)
氏名 (本名・略)
連絡先電話番号 (略)
連絡先メールアドレス (略)


提出意見 本件につき下記のように意見を申し述べます。



<意見内容> 歩道を歩行者と自転車で共有させるべきではない。
<理由>
・歩行者、とりわけ幼児、高齢者又は障碍者などの所謂交通弱者を歩道で自転車の危険に曝してはならないから。
・自転車を運転免許制度の対象とすることが現実的でない以上、啓蒙や指導の策が重要であるにしても、それを如何に講じようと、自転車利用者に適法妥当なふるまいを期待することには自ずと限界があるから。 
<該当箇所> 3頁8-11行・21-22行、4頁4-7行、8頁7-11行・12行、9頁23-24行、15頁8-15行、17頁13-14行、25頁5-6行。


<意見内容> 分離すべきは歩行者と車両であって、自転車と自動車ではない。
<理由>
・歩道で歩行者の安全を確保するためには、歩行者を車両から物理的に隔離することが有効であるから。
・限られた道路空間を効率よく活用して交通の円滑を図るためには、車道を自転車と自動車で共有させることを前提とし、その実現のための策を講ずることが有効であるから。
<該当箇所> 3頁8-11行・21-22行、4頁4-7行、8頁7-11行・12行、9頁23-24行・28-32行、15頁8-15行、17頁13-14行、25頁5-6行。


<意見内容> 自転車と自動車を工作物により分離すべきではない。
<理由>
・限られた道路空間を効率よく活用して交通の円滑を図るためには、車道を自転車と自動車で共有させることを前提とし、その実現のための策を講ずることが有効であるから。(再掲)
・自転車と自動車の通行域の区分には所謂ランブルストリップスが設けられれば十分であるから。
・限られた予算を工作物の設置よりむしろ道路交通の当事者の啓蒙、指導又は取締り等に用いるほうが有益であるから。
<該当箇所> 5頁2行、7頁9-10行、8頁12・27行、9頁28-32行、12頁9行・11-17行。


<意見内容> 自転車道を自動車の通行する車道に併設すべきではない。ただし、路線バスの運行がなく、かつ自動車の進行方向と同一方向の一方通行規制を自転車道において行う場合はこの限りでない。
<理由>
・路線バスの停留所が自転車道に接する形で存在すると、歩行者と自転車の交錯とそれによる歩行者の危険を解消することが不可能であるから。
・一方通行規制のない自転車道を自動車の通行する車道に併設すると、交差点における安全の確保が不可能となるから。
<該当箇所> 7頁15行、13頁24-26行、14頁8行、17頁15-17行・28-29行。


<意見内容> 法制やその制定趣旨等を熟知し適法妥当な自転車利用を実践する者を「計画検討体制の構築と活用」における「幅広い関係者」に必ず含めることとすべきである。
<理由> 掲げられている他の関係者のみの参画では自転車利用者の意見を十分に反映できないおそれがあるから。
<該当箇所> 10頁22行-33行。


<意見内容> 「押しチャリ」などという語を提言に用いるべきではない。
<理由>
・本提言の品性を徒に貶めることを避けたいから。
・たとえば道路交通法第2条第3項第2号「(略)二輪若しくは三輪の自転車(略)を押して歩いている者」に準拠し「押し歩き自転車」等の語を用いればたりるから。
<該当箇所> 15頁14行。


以上

パブリックコメント提出稿

7/22付からつづく。
書き始めたのは締切1時間前を過ぎてから。おそまつ。

件名: パブリックコメント(「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部を改正する命令案」に対する意見)
差出人: (略)
TO: jitenshaippotsuko@npa.go.jp
送信日時: Saturday, August 20, 2011 11:59 PM
サイズ: 5KB


警察庁交通局交通規制課
国土交通省道路局企画課 御中


標記につき下記のように意見を申し述べます。


氏名 (略)
住所 (略)
電話番号 (略)
メールアドレス (略)



本案に反対します。


理由


1.歩道における当該規制標識の新設について
 自転車は車道を自動車と共有すべき交通手段であって、自転車の歩道通行容認は一時的な弥縫策にすぎない。
 歩道において自転車の一方通行の規制を広く行うことは、自転車の歩道通行容認を助長・延命することになる。
2.自転車道における当該規制標識の新設について
 自転車道は「一の車道」であり(道路交通法第16条第4項)二輪又は三輪の自転車(側車付きのもの及び他の車両を牽引しているものを除く。)以外の車両の通行が禁じられている(同第17条3項)から、一方通行の規制を行うにあたり新たな標識を設ける必要がない。


その他・自転車の利用環境と道路について


 円滑で効率のよい道路交通を実現するために、限りある道路資源を当事者間で安全に共有することが重要である。とりわけ、自動車に代替しうる交通手段として自転車を活用する上では、自転車を自動車から隔離するのではなく、車道を自動車と共有させることが不可欠である。ついては、以下のような点にも留意する必要がある。
 第一に、自転車の車道通行の危険は与件ではない。他者を邪魔と思うなど、運転者の邪心が車道の危険のほとんどを作り出している。これを克服することは自転車利用促進のために最重要であるのみならず、交通の安全と円滑全般のために有益である。この実現のためには、運転免許教育や路上の指導・取締りの徹底が必要である。
 第二に、設備や規制による空間確保としては、車道左側に狭い車両通行帯を設けるだけで十分であり、自転車専用とせず自動車等と共有するのが効率的である。これによれば、設備投資も自転車隔離策より小規模ですむ。
 このような策によって自転車にとっての車道の危険を減ずれば、自転車の車道通行が促進されて歩道通行の自転車を減少させる効果をもたらし、以て歩道における歩行者の安全の向上につながることも銘記すべきである。


以上

パブリックコメント始まる

思えば自転車論壇から遠ざかって久しいのであるが。


警察庁交通局交通規制課・国土交通省道路局企画課
『道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部を改正する命令案』に対する意見の募集について
2011年7月22日。


趣旨は簡潔である。曰く、

歩道又は自転車道において自転車が一方通行(標示板の矢印が示す方向と反対方向への自転車の通行を禁止すること)となるべきことを意味する規制標識を新設する。

つまりは標識の新設であって、新たに規制の定めを設けようとするものではない。


歩道であれ自転車道であれ、道交法第8条第1項に基づく一方通行の規制を行うことは現在でも可能であるはずだ。
歩道の場合は一方通行の本標識(*1)に加え「歩道を通行する自転車に限る」といった趣旨の補助標識(*2)を付加する必要はあるかもしれない。自転車道はもとより「一の車道」である(*3)から、対面交通の原則に一方通行の規制を行いうることは車道とかわりない。


今次改正案は、新たな図案による標識を定め、規制とその遵守をより容易に円滑に実現しようとする趣旨と理解する。


歩道または自転車道における自転車を一方通行にすることそれ自体は悪いことではないと思う。しかし。
自転車は車道を自動車と共有すべき交通手段である(*4)。自転車の歩道通行容認は一時的な弥縫策にすぎない。
自転車道は車道または歩道から構造物によって自転車を隔離するものである(*5)。その建設に多くの費用を要するのみならず、限られた道路空間の効率的利用を著しく阻害する点で問題が多い。
本案の標識が自転車の歩道通行容認の延命策となったり、安易な自転車道建設の便法となったりする愚は避けねばならない。


そもそも、歩道または自転車道における一方通行規制を広く行おうとする限り、その遵守を如何に確かなものとするかについての具体策は不可欠である。遵守されない規範(*6)の存在は社会悪であるといわざるをえない。



*1 道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(昭和35年12月17日総理府建設省令第3号)

別表第1・同第2 規制標識
種類 一方通行 / 番号 (326-A・B)
表示する意味 道路法第46条第1項の規定に基づき、又は交通法第8条第1項の道路標識により、標示板の矢印が示す方向の反対方向にする車両の通行を禁止すること。
設置場所 一定の方向にする車両の通行を禁止する道路の区間の入口及び道路の区間内の必要な地点における路端


*2 歩道上の駐車について、「区画線内における自転車に限る」という補助標識を見たことがある。拙稿'09/10/4付


*3 道路交通法

第3章 車両及び路面電車の交通方法
第16条第4項 この章の規定の適用については、自転車道が設けられている道路における自転車道自転車道以外の車道の部分とは、それぞれ一の車道とする。


*4 自転車が車道を自動車と共有するための社会資本は、車道左側端に幅員の狭い自転車専用の車両通行帯を設けるだけでまず十分であろう。現行法で実現可能である。
 拙稿'09/4/8付もみられよ。


*4・5 道路交通法

第2条第1項 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
 同項第3号の3 自転車道 自転車の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された車道の部分をいう。
 同項第7号 車両通行帯 車両が道路の定められた部分を通行すべきことが道路標示により示されている場合における当該道路標示により示されている道路の部分をいう。


*6 拙稿5/6付

年賀状

謹賀新年
 みなさまのご多幸をお祈り申し上げます。

雲州仁摩にて


 この自転車に乗って10年というもの、あまり歳をとっていない
ように思います。多くの仲間とも出会うことができました。
 この先ものんびり走るとしましょう。


2011年正月
(住所・メールアドレス・署名)
http://d.hatena.ne.jp/kogkog/ (不定期更新)

所謂日本海の夕陽